ホーム > 学校生活 > 外部研修 > 令和元年度 SSH海外研修



令和元年度 SSH海外研修
令和2年6月11日更新

SSH事業の一環としてシンガポールでの海外研修を行いました。生徒12名は現地高校生徒の交流、研究発表、施設見学などを行い、充実した研修となりました。

実施目的

  1. 国際舞台で活躍できる科学技術者に必要なコミュニケーション能力の育成を目指す。
  2. 異文化に対する理解を深め、他と共生する能力を育む。
  3. 海外の生徒と議論することによって、国際人としての資質を磨き、英語によるコミュニケーション力、プレゼンテーション力を養う。
  4. シンガポール及び近隣各国の高校生との国際交流、並びに大学の研究者、企業の訪問を通して、最先端の科学技術研究を学ぶ。

目的地

シンガポール


研修内容


日程

令和元年7月25日(木)~令和元年7月31日(水)

訪問先

シンガポール国


参加者数

2年生12名、引率教員2名

スケジュール

7月25日(木)

羽田空港集合。

深夜便にてシンガポールに向かう。


羽田空港にて、ご指導いただいた先生のお話を聞く。


7/26-28 Global Link Singapore

7月26日(金)

午前
 チャンギ国際空港到着後、マーライオン公園、Gardens By the Bay等を視察後、
 Nanyang Technological University(NTU)へ移動。


マーライオン前にて


午後
 キャンパス内視察後、ポスターセッション準備の後、フリーポスターセッション。


フリーポスターセッションの様子



 ネットワーキングディナー(NTUキャンパス内)


7月27日(土)

午前
 基調講演を聴講。
 講演者:NayangTexhnological University Dr.LYU Chen
 午後
 オーラルセッション聴講後、ポスターセッション参加。
 表彰式に参列。



審査員を前に緊張した様子   ポスターセッションお疲れさまでした。



 フェアウェルディナー(市内レストラン)


7月28日(日)

午前
 National University of Singapore (NUS) にて特別講演を聴講。
 講演者:Head of Education WWF Ms. Chitra Venkatesh
 NUS施設見学。
 午後
 Marina Barrage等、シンガポール市内施設を見学。



Marina Barrage見学の様子     Marina Bay Sandsをバックに。



~~Global Link Singaporeプログラム終了~~



 ホテルに戻り、更衣後、ホテル近くのフードコートにて各自夕食。


7月29日(月)

Anglo Chinese Shool of Independent (ACS) 訪問



後ろ姿から少しの緊張がわかります。


午前
 ホテルよりバスにてACSへ移動。
 6組のグループに分かれて、同学年のクラスに入り授業を受ける(終日)。
 ACSのカフェテリアにてランチ交流。



クラスにて自身の研究をプレゼンしている様子。


午後
 ACS宿舎にて更衣の後、チャイナタウンへ地下鉄にて移動、散策。
 夜
 VivoCityへ地下鉄にて移動後、フードコートにて各自夕食。
 地下鉄にてACS宿舎へ移動。宿泊。


7月30日(火)

ACS宿舎の食堂にて朝食。


~~ACSとの交流終了~~


午前
 バスにてセントーサ島へ移動。シー・アクアリウムを見学後、自由見学。
 午後
 バスにてチャンギ国際空港へ移動。チャンギ国際空港内を見学。
 深夜便にて羽田空港へ向けて出発。



チャンギ国際空港出発ロビーにて。


7月31日(水)


 羽田空港到着。通関手続き後、解散。



無事に帰国しました。



 

ページtop