ホーム > 読み物 > トピックス



トピックス
2021年9月3日更新

トピックスでは、日々の出来事を紹介します。

令和3年8月 オレンジカップ 2021 準優秀賞

8月拓殖大学主催の「ICT(情報通信技術)を活用した新たなスポーツ体験」をテーマとしたアイディアコンテスト「オレンジカップ 2021」が行われました。本校から2年4組の有竹祐樹さんが「サイバースイミングゴーグル」というテーマで準優秀賞を受賞、副賞として iPad を頂きました。 また、岡野隼真さん、北林昂大さん、鴻地真直さん、竹中瞭太さんが入選、副賞として図書券を頂きました。おめでとうございます。



令和3年7月24日(土) ものづくりコンテスト東京都大会 化学分析部門 優勝

7/24(土)都立多摩工業高等学校で、「高校生ものづくりコンテスト 化学分析部門 東京大会」が行われました。化学分析部門の課題は、2種類の試料水の硬度(全硬度・Ca硬度・Mg硬度)をキレート滴定法を用いて2時間30分の制限時間内で分析をするというものです。本校から2年1組の向川明音さんと2年3組の梅原志帆さん2人が出場しました。梅原さんが優勝、2位に向川さんという素晴らしい成績でした。おめでとうございます。梅原さんは東京都代表として関東大会にも出場しました。



令和3年7月29日(木) ものづくりコンテスト東京都大会 電子回路組立部門 優勝

夏休み中7/29(木)、都立杉並工業高等学校で行われた「高校生ものづくりコンテスト電子回路組立部門東京都大会」に、我が校から4名出場しました。その中で、1年鈴木悠一郎が見事優勝しました。おめでとうございます。7月上旬に勉強会が行われ、そこで初めてPICに触れ、C言語を学び、そこから2週間少々、他校は3年生がいる中でのこの結果は素晴らしいと思います。次は、8/26(木)栃木県内の國學院大學栃木学園教育センターで行われる「高校生ものづくりコンテスト電子回路組立部門関東大会」に出場予定です。応援よろしくお願いします。


令和3年7月28日(水) 祝 銅メダル 世界の舞台で輝く!

第32回国際生物学オリンピック(主催国:ポルトガル)が7/19~7/22に行われました。本校の11期生(現2年生)である山形祐介が日本代表(日本生物学オリンピック2020代替試験に参加した全国1566名の受験者から4名選出)として参加しました。76か国・地域から304名の生徒が参加する中、実験試験、理論試験で、優秀な成績を収め、銅メダルを獲得しました。 また、国際的な科学技術コンテストで特に優秀な成績を収めた者が受賞する文部科学大臣表彰の受賞も併せて決定しました。 応援していただいた皆様ありがとうございます。

国際生物学オリンピック(JBO)公式HP

令和3年7月20日(火) 令和3年度 地域と連携した防災教育(1年生)

7月20日(火)終業式後、1学年生徒を対象に「地域と連携した防災教育」を本校サイエンスホールにて催しました。 この行事の目的は、①災害から自らの生命を守るために必要な「自助」の能力を身につけ、防災に関する意識を高める、②助け合いや社会貢献などの「共助」の精神を育み、人間としての在り方生き方を考える、ことです。 防災コミュニティネットワークの防災士である青木信夫氏他2名の方をお招きして、東日本大震災の時のお話し、身近なものを使った災害時に役立つ知識、などを講義・体験などを通して学びました。


講義の様子です。災害に遭遇した時の人間の心理を、具体例を用いて丁寧に説明してくれました。

体験学習ではビニール袋から様々な道具を作る演習を行いました。とても実用的で勉強になりました。


令和3年7月20日(火) JET(常駐のALT)の先生がいらっしゃいました!

昨年度、コロナ禍で2人の外国人の先生が帰国して以来、不在だったJETの先生ですが、この度ようやく多摩科技にお一人いらっしゃいました。Welcome to Tama-Kagi, Mr. Matthew Lin! 本日、終業式で自己紹介をし、昨日は2年生の学年集会でPowerPointを使ってプレゼンテーションをしてくださいました。中国系アメリカ人で、大学院で数学を専攻された心優しい先生です。2学期から本格的に授業を行います。積極的に話しかけてみましょう。



令和3年6月8日(火) スポーツ大会無事終了しました

スポーツ大会(1年)が終了しました。 天候に恵まれ、白熱した大会でした。 また2・3年生の時と同様TS会からはスポーツ飲料が生徒に配布されました。ご協力ありがとうございます。 来年は全校生徒で実施できるよう頑張っています。




令和3年6月6日(日) 日本地球惑星合同連合2021大会でオンライン発表しました

感染症対策を行い、以下のオンライン発表会にてポスター発表しました。 ==============================
日 時:令和3年6月6日
大会名:2021大会高校生セッション発表会
主 催:日本地球惑星科学連合
==============================
 当初2021年大会は、5月30(日)~6月1日(火)の現地開催(パシフィコ横浜ノース:横浜市)と,6月3日(木)~6月6日(日)の オンライン開催のハイブリッド形式での実施を予定していましたが、残念ながら今年もオンラインのみの発表会となりました。 本校のポスター発表は、以下の4件です。
================================================
・電磁波による地震予知
・クエン酸を添加したグルコースの加熱生成物の比較
・阿蘇黄土の吸着力を用いたリン酸鉄(Ⅱ)リチウムイオン電池の開発
・コーヒー豆滓を用いた有機フッ素化合物の吸着に関する研究
================================================
  生徒たちは久しぶりの発表に、表情から嬉しさがにじみ出ていました。質疑応答から得られた新たな学びを今後の研究に生かすことができそうです。




令和3年6月3日(木) スポーツ大会が行われました

晴天の中、本日は2年及び3年生がスポーツ大会を行いました。今年度初のイベントの為、皆さん全力で競技に参加し楽しんでいました。明日は、1年生です。雨なら8日(火)に行います。




令和3年4月20日(火) 科学研究部生物班の活動報告

令和3年度日本水産学会春季大会「高校生による研究発表」(3月28日)にて、「多摩川水系のアメリカザリガニから発見された国内3例目のヒルミミズ Cambarincola mesochoreus の侵入状況と在来生物に与えうる影響の考察」というテーマで10期生の柴田峻一郎・江波亮太・堀内蓮の3名がポスター発表を行いました。概要は次の通りです。 「東京都内の様々な河川でアメリカザリガニを採集し、共生するヒルミミズの分布を調査しました。また、モクズガニやカワリヌマエビの一種からもヒルミミズを発見しました。特にモクズガニから外来種のアメリカヤドリミミズが発見された例は知られておらず本研究が初記録となります。この発見により、エビやカニの体表で生活する在来生物に影響を及ぼす可能性が示唆されました。」 彼らの発表は高く評価され、最優秀賞を受賞しました。日本水産学会誌に研究の経緯や概要が掲載されます。まだまだ、彼らの躍進は止まりません。アメリカザリガニを無心で採集している高校生がいればそれはきっと彼らでしょう。


ヒルミミズ


令和3年4月20日(火) 第32回 国際生物学オリンピック日本代表

本校の11期生(現2年生)山形祐介が日本生物学オリンピック2020代替試験において優秀な成績を収めました。二次試験では高校3年生を含めた全国120名の中で上位15名に入り、金賞を受賞しました。金賞を受賞したのは3年生を除くと、5名となります。この結果をもとに最終選考が行われ、国際生物学オリンピック日本代表となりました。今年の第32回国際生物学オリンピックはポルトガル/リスボンを実施本部として2021年7月19日(月)~7月22日(木)にオンラインで開催されます。皆さん、応援よろしくお願いします。


令和3年4月9日(金) 対面式・部活動紹介がありました。

対面式・部活動紹介の様子



令和3年4月7日(水) 入学式が行われました。

無事に入学式が行われました。



過去のトピックスはこちらから

 令和2年度のトピックスはこちら


ページtop