ホーム > 読み物 > かがくのたまご(教職員コラム)



かがくのたまご

サクラ咲く
29年4月5日(理科 M)

本校に入学が決まった皆さん、合格おめでとうございます。せっかく勉強する習慣がついているんですから、テストで100点を取れるように中学校の苦手だったところをしっかりと学習して、4月に校門をくぐってきてくださいね。


ところで、桜前線というのがよく報道されます。沖縄を1月半ばに出発して稚内に5月半ばに到着するとのこと。これは赤ちゃんのハイハイ並みの早さだそうです。約3000kmを4ヶ月(120日=2880時間)ですので1km/h強ですね。遅いと思うかもしれませんが、1分で17m位と聞けば早いと思うのかもしれません。この開花予想は、温度の積算値と関連があるようです。熊本地方気象台がこのような表現をしていました。「2月1日を積算の基準日として日平均気温の平年値を積算すると桜の開花日(平年値)の積算温度はおよそ400℃になります。この値は、一般に知られている桜の開花日の積算温度とほぼ同じ値になっています。」とのこと東京のアメダスデータを用いてみました。今年ですと3/24がその積算値を超えた日になります。実際の開花宣言は3/21でした。単純ではないようです。


インターネットの黎明期、全国の学校から桜の様子をアップして、ネット上で桜前線が作られるようにしたいと思い、提案したことがありました。まだ学校数が少なく効果が少ないということからか、却下されてしまいました。残念ですが、今だと逆に学校数が多すぎて収拾がつかなくなりそうですね。


さて、入学するのはなぜ4月なんでしょう?一時期教育界で4月入学に関して議論がなされた時期がありました。多くは4月でいいじゃないか。ということだったようですが、その理由を問われてハタと困ったそうです。ある委員の方の「桜の下で入学式ってのが基本でしょう」にフンフンとうなずく方も多かったそうですが、北海道だったか東北だったかの方が「うちの方では5月なんですけど…」沖縄の方は「こちらでは3月ですねぇ・・・」という話を若き日の研修で聞いた記憶があります。真相は???


まぁ理由はともかく、結果として4月入学は維持されています。しかし、昨今のように4月になると桜吹雪が舞う最近。ひょっとしたら3月入学なんて案が出てくるのかもしれないと思う今日この頃です。


ページtop