ホーム > 読み物 > かがくのたまご(教職員コラム)



かがくのたまご

ゲーム理論④ 〜理系?文系?〜
23年10月24日(数学科 M.N)

さて最近こんな相談を受けることがあります。
「先生、今さらなんだけど、俺って理系じゃなかったかも・・・。」
でもそんな相談に乗ると、ほとんど
「じゃあ多摩科技に来たこと、後悔してる?」
「いや、実験は好きだし実習も楽しい。でも進路となると自分が本当に理系かどうか・・・。」
「それでいいじゃないか。多摩科技で学んだことを生かして、経済の勉強をしたり、社会の動きや歴史の流れを研究したりしてもいいんだぞ。」
と会話が続きます。

理科や数学は好きだけど、自分が本当に理系かどうか決めきれない、という人がいたら、理系という言葉にとらわれず、科学や数学を勉強しに多摩科技に来てみてください。文系の大学受験を考えたら少し不便かもしれないけど、それ以上に物の見方や考え方、観察や分析の仕方、レポートの作成など将来役に立つことがたくさん学べるはずです。

多摩科技の卒業生はほとんどの生徒が理系に進み、多くは科学技術の発展に貢献してくれることでしょう。でもその中で何人か、その観察力や分析力を駆使して、経済学や社会学、心理学の発展に貢献する卒業生がいてもいいと思います。そして更にその中から世界初の現実の心理歴史学者が誕生したら・・・、などと想像するとつい楽しくなってしまいます。


ページtop