ホーム > 読み物 > かがくのたまご(教職員コラム)



かがくのたまご

花火と高速道路と味噌汁の意外な関係

夏の空を彩る花火。これがさまざまな色をもっているのは皆さんご存知ですが、
先日行った実験はその原理を使ったものでした。
写真を見ると、炎にさまざまな色がついているのがわかります。 これはと呼ばれる反応で、炎にある種の金属を混ぜますと、その金属固有の色を出すことができます。

実はこの原理、意外なことに、高速道路等のトンネル内でも使われていました。
最近は減ってきましたが、ちょっと前まで、高速道路等のトンネル照明はオレンジ色だったことを覚えている方も多いのでは?
あのオレンジ色に光る原理も基本的にはこの炎色反応と同じなのです。

さらにご家庭でもこの現象を見ることができます。
味噌汁が吹きこぼれたとき炎が黄色っぽくなったと思います。 この色もまた、味噌に含まれる塩化ナトリウムの影響を受けて、オレンジ色になったのです。

このように金属種固有の色を示す性質を使って、含まれている化学薬品を検出する方法も分析分野では使われています。


ページtop