ホーム > 学校案内 > 研究発表 > 平成30年度 研究発表(校外)



平成30年度 研究発表(校外)
31年4月11日更新

第81回情報処理学会全国大会 中高生ポスターセッション

平成31年3月16日 福岡大学にて第81回情報処理学会全国大会 中高生ポスターセッションが開催されました。
  詳細はこちら

第36回化学クラブ研究発表会

平成31年3月26日(火)芝浦工業大学において化学クラブコンテストが開催されました。
  詳細はこちら

Science Edge 2019

平成31年3月22、23日(金、土)につくば国際会議場でScience Edge 2019が開催されました。
  詳細はこちら

関東近県SSH校合同発表会

平成31年3月21日(木)東海大学高輪キャンパスにおいて関東近県SSH校合同発表会が開催されました。  
 本校からは、口頭発表1件、ポスター発表59件、合計60件の研究が参加しました。本年度も多くの生徒が参加し、研究を通して他校との交流を行ったり、先生方からアドバイスをいただいたりと今後の研究の糧になる充実した時間を過ごすことができました。

首都圏オープン2019

平成31年3月10日(日)早稲田大学において首都圏オープン2019が開催されました。
  詳細はこちら

まちかどプレゼン2019 サイエンスミーティング

平成31年2月16日(土)の午後にJR武蔵小金井駅前の宮地楽器ホール1Fフロアーを利用して
「まちかどプレゼン2019 サイエンスミーティング」を実施しました。
  詳細はこちら

文部科学省 科学技術・学術政策局長賞受賞

本校IT領域では1学年の科目「科学技術と人間」や2学年「課題研究」において生徒の知的財産マインド教育を推進しており、文部科学省、特許庁、日本弁理士会、独立行政法人工業所有権情報・研修館の主催のパテントコンテストへ積極的に応募しています。今年度これらの取組みが認められ、生徒・学生の知財マインドの向上を図る努力を行っている学校として、文部科学省科学技術・学術政策局長賞を受賞いたしました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1411612.htm

平成30年度パテントコンテスト 優秀賞受賞

文部科学省、特許庁、日本弁理士会、工業所有権情報・研修館主催の平成30年度パテントコンテストにおいて、本校2年関野さんが「ブロック型プログラミングシステムにおける新たな言語変換方法」のタイトルで全538件の中から優秀賞を受賞しました。本校では知的財産学習を推進しており、受賞者には弁理士のサポートのもと、権利化への出願支援が行われます。
  授賞式が行われました。

第7回 東京都高等学校理科研究発表会

平成30年11月23日(金)東京都立科学技術高等学校において第7回 東京都高等学校理科研究発表会が実施されました。
 本校からは物理部門「メッキによるゼーベック係数への影響に関する研究」、生物部門「発見!ハルジオンの抗菌性」、地学部門「廃校で暮らす?! ~廃校の活用方法を探る~」をテーマにポスター発表を行い、地学部門では審査員特別賞、物理部門と生物部門では奨励賞を受賞することができました。

第25回東京都高等学校工業科生徒研究成果発表会

平成30年11月17日(土)東京都立練馬工業高等学校において第25回東京都高等学校工業科生徒研究成果発表会が実施されました。  
 この発表会は、都内の各工業高校から本校を含め22本の研究成果を口頭発表の形式で行います。また、ポスター発表も行われ、日ごろの研究成果を発表しました。  
 本校からは「日本の淡水魚を用いた外来種教育」をテーマに口頭発表を行い、特別賞を受賞することができました。また、「発見!ハルジオンの抗菌性」をテーマにポスター発表を行い、努力賞を受賞することができました。  
 今回の発表にあたり、アンケートにご協力いただきました小学校5,6年生の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。




科学の祭典(科学の甲子園)に参加しました。

11月11日(日)、11月25日(日)両日で行われたJST主催の科学の甲子園東京都予選に参加しました。課題解決力、理数系知識を問う競技大会や、研究発表を行いました。残念ながら東京都代表は逃しましたが、様々な経験を通して更なるステップアップにつなげていきたいと思います。




第15回高校化学グランドコンテスト

10月27日(土)と28日(日)の2日間にわたり名古屋市立大学で第15回高校化学グランドコンテストが行われました。本大会は、名古屋市立大学、大阪市立大学、横浜市立大学、読売新聞社が主催する大会で、生徒自らが自主的な研究活動を楽しみ、科学的な想像力を培いながら将来活躍できる人材の育成を目指した大会です。
 今年度は、全国から124チームの参加があり本校においても3テーマ6名の生徒が発表しました。各チームが一生懸命に行ってきた実験内容なだけに白熱した発表会でした。また、口頭発表は英語での発表したため生徒自身の成長へとつながったと思います。
 3年生はこれから受験モードとなりますが、2年生や1年生はこれからの成長が楽しみです。 Discovery of antimicrobial action of Harujion(審査委員長賞および第一三共賞:W受賞)




知的財産成果発表会

【平成30年8月8日(水)】
 特許庁および工業所有権情報・研修館主催である知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業成果発表会において本校3年中村君が発表しました。発表タイトルは「陸上競技における正確なタイム測定~Arduinoを用いたタイム測定装置~」です。全68校から審査の結果、審査員特別賞を受賞しました。




第12回 高校生理科研究発表会

9月29日に千葉大学において第12回高校生理科研究発表会が行われました。 本校から26本60人が参加しました。研究内容を専門の先生方にみていただけるということで、準備を重ねてきました。アドバイスをいただいたり、情報を共有したりと充実した時間を過ごすことができました。 これからの活動が楽しみです。
受賞:優秀賞6テーマ、うち1テーマは千葉市教育長賞受賞。




第18回「ものづくりコンテスト化学分析部門」東京都大会

8月4日(土)に東京都立科学技術高等学校にて、第18回「ものづくりコンテスト化学分析部門」東京都大会が開催されました。本校からは3名の生徒が出場し、見事優勝することができました。 優勝、2位の生徒は8月23日(木)に開催される関東大会に出場します。





ページtop