ホーム > 学校案内 > 科学技術科 > インフォメーションテクノロジー



インフォメーションテクノロジー(IT領域)
26年4月12日更新

インフォメーションテクノロジーで学べること

インフォメーションテクノロジーとは、コンピュータに関連する技術全般を指しますが、本校では特に次のことに重点を置いて教育を行っています。



1年次工業技術基礎では基本的なことを学び、2年次科学技術実習では、応用的な内容を学びます。また、2年次課題研究・3年次卒業研究では、自ら研究テーマを設定し、研究・製作に取り組みます。


実験・実習内容(1年次 工業技術基礎【全生徒対象】)

画像処理

静止画の種類、性質を学んだ後、画像処理ソフトの取り扱い方法を学びます。

プログラミング

C言語の基本的なプログラミングを学びます。

ロボット

モーター、各種センサーを備えたロボットキットであるレゴマインドストームを用いて、コンピュータ制御の基礎を学びます。

ネットワーク・セキュリティ

リモートアクセス、TV会議を体験し、ネットワーク・セキュリティ技術について学びます。





実験・実習内容(2年次 科学技術実習【IT領域選択者対象】)

プログラミング

1年次の内容をベースに、C言語によるプログラミングを学び、数学・物理シミュレーションにつなげます。

マイコン制御基板キット製作

半田付けを行い、実習で使うマイコン制御基板を作成します。

マイコン制御

光センサー、温度センサーなどの各種センサーのしくみと取り扱いを理解し、モーターの駆動や、パソコンとの通信方法を学びます。

画像処理

各種画像処理で行われている演算のしくみと、その使い方を学びます。

3DCG(モーションキャプチャー、クロマキー)

モーションキャプチャー(現実の人物や物体の動きを記録する技術)、クロマキー(映像の一部を透明にし、別の映像を合成する技術)の装置を用いて、これらの画像処理技術を学びます。また、3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)ソフトの取り扱い方法も学びます。

動画編集

動画の種類、性質、しくみを学んだ後、動画編集ソフトを用いて、簡単な動画を編集し、取り扱い方法を学びます。

サーバ構築、ホームページ作成

PC内に仮想サーバを作り、簡単なホームページを作成し、動作を確認します。これによりネットワークのしくみを理解します。

ネットワーク構築

小型コンピュータを用いて、小規模ネットワークを構築し、各種設定を行います。





施設・設備

すべてのコンピュータ室は校内ネットワークで結ばれ、インターネットにも接続されています。全生徒は入学と同時にユーザーIDとパスワードが与えられ、必要なときにパソコンが使えるようになります。

第1PC室(Computer Room 1)


生徒機は、NEC製が37台で、OSはWindows7とLinuxのデュアルブートです。

第2PC室(Computer Room 2)


生徒機は、DELL製が37台で、OSはWindows7とLinuxのデュアルブートです。すべてのPC室には右のように、大型スクリーンと画面転送装置がついています。

第3PC室(Computer Room 3)


生徒機は、DELL製が37台で、OSはWindows7とLinuxのデュアルブートです。

CAD室(Computer Aided Design Room)


生徒機は、DELL製が37台で、OSはWindows7とLinuxのデュアルブートです。三次元CAD、二次元CADが導入されています。

CG室(Computer Graphics Room)


生徒機は、Apple製iMacが24台で、OSはOS X Lionです。CG制作に適したタブレット、ソフトウェアが導入されています。

ITスタジオ(IT Studio)


中央が撮影のできるスタジオ、右が動画・静止画の編集ができる調整室となっています。

IT工作室(IT Workshop)



穴開け、切断、折り曲げ、半田付け等の加工ができる部屋です。電流計、電圧計、オシロスコープ等の測定器があり、電気計測もできます。


ページtop