ホーム > 学校案内 > 科学技術科 > エコテクノロジー



エコテクノロジー(ET領域)

エコテクノロジーで学べること

エコテクノロジーでは、地球温暖化、廃棄物、資源、大気、水質、土壌などの環境問題と対策技術を学びます。技術面だけでなく、社会の意識変化の必要性などについても理解していきます。

また、基本的な化学技術の学習から、高度な装置を使った測定・分析などを行います。

実験・実習内容(1年次 工業技術基礎【全生徒対象】)

※来年度以降は、内容が変わる場合があります。

ガラス細工

並質ガラスの特徴を利用して、ガスバーナーの構造や使い方を習得しながら、攪拌棒とピペットを作成します。

重量法による液体の密度測定

塩化ナトリウム水溶液の密度を測定し、濃度−密度曲線(検量線)を作成します。検量線より未知試料の濃度を求めます。あわせて、基本的な実験器具や天びんの取り扱いや役割を学びます。

物質の分離

2つ以上の物質から、一部の物質を取り出す方法を学びます。植物からクロロフィルを色素分離しRf値を計測します。

このペーパークロマトグラフの原理が高度な化学分析装置の基になっています。

施設・設備

ET分析室1

ET領域PC室 (PC 23台)が置いてあります。また、以下の機器が設置してあります。

ET分析室2

実験室として、利用しています。以下の装置が2台,設置してあります。

人工気象装置

ET分析室3

ET領域最大の実験室です。

ET分析室4

分析機器室です。以下の機器が設置してあります。

ET分析室5

実験室として使用しています。以下の装置が置いてあります。(移動予定)。

ロータリーエバポレーター

ET野外室


ページtop