ホーム > 学校案内 > 科学技術科 > バイオテクノロジー



バイオテクノロジー(BT領域)

発酵技術など、食品、健康、環境保全などでの微生物の活用技術を知り、生物が持つ力を人間生活に役立てる考え方を学びます。

遺伝子構造についても、実験などから基本理解をはかります。また、倫理上の課題と対応方法なども学びます。

実験・実習内容(1年次 工業技術基礎【全生徒対象】)

※来年度以降は、内容が変わる場合があります。


一般細菌の検出

私たちの手や、空気中には微生物が多数存在しています。微生物は通常小さすぎて見えませんが、増殖すれば肉眼でも見えるコロニー(目で見えるカビなど)になります。この特性を利用して、微生物を検出する実験や観察を行い、微生物実験の基礎について学びます。

植物の組織培養

試験管の中で、植物を組織(葉・茎・根など)から育てます。植物は、身体の一部さえ残っていれば元通りの植物体に戻る力(全能性)があります。組織から根や葉が生える様子を観察しながら、植物の再生能力について学びます。

DNAの抽出

細胞には核があり、核の中にはDNAがあります。この実験では、ブロッコリーの細胞からDNAを抽出します。抽出するためには、細胞の構造を理解しなければなりません。どのように細胞からDNAを抽出するかを理解し、DNAの基礎について学びます。




施設・設備

クリーンベンチルーム

大きなクリーンベンチが2台ある実験室です。



低温実験室

超高速遠心機・蛍光光度計等があります。



生命科学実験室

メインの実習室です。



その他実験・実習室、分析機器



小さなものを拡大して見ることのできる電子顕微鏡です。数万倍まで拡大することができます。



デジタルマイクロスコープです。デジタル画像で観察から計測、解析、記録、管理、出力までできます。


ページtop